Home イベント情報 『第13回 shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)』(7/5〜9/22)

『第13回 shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)』(7/5〜9/22)

shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)は、2006年にスタートした公募プログラムで、瑞々しい新進アーティストによる「新しい美の発見と創造」を応援するものです。第13回目となる本年度は資生堂ギャラリーの空間を活かした独創的なプランが多く提案されましたが、選考の結果、独自の視点から今日の世界の新しい価値観や美意識を表現する3名、今村 文(いまむら ふみ)、小林 清乃(こばやし きよの)、遠藤 薫(えんどう かおり)が入選となりました。次代を担う3名の新進アーティストたちの個展に、ぜひご来場賜りましたら幸いです。

関連施設

資生堂ギャラリー

iconjal

資生堂ギャラリー

江戸期銀座7丁目付近は能の三座が置かれ、槍や鍋の職人が住む。明治5(1872)年の銀座大火の後に煉瓦街建設が始まる。新たな銀座に集った装飾、舶来品、飲食そして洋風の調剤薬局。共通項は「モダンで本モノ」。調剤薬局はやがて銀座の顔となり東京銀座資生堂ビルへと進化を遂げる。当ギャラリーはその気性を受け継ぐ。

椿会展2009 Trans-Figurative Photo by Tadasu Yamamoto

〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階

TEL:03-3572-3901

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です