Home イベント情報 特別展『流転100年 佐竹本三十六歌仙と王朝の美』(10/12〜11/24)

特別展『流転100年 佐竹本三十六歌仙と王朝の美』(10/12〜11/24)

大正8年、日本美術界を揺るがす大事件が起きました。鎌倉時代の絵巻物『佐竹本三十六歌仙』が一歌仙づつ分割され、くじ引きにより別々の所有者に売却されたのです。2019年は、この「絵巻切断」からちょうど100年。本展覧会では、離れ離れとなった断簡を、展覧会としては過去最大規模で集め、皆様にご覧いただきます。100年の時を超え伝えられた秘宝中の秘宝『佐竹本三十六歌仙』の世界を、平安・鎌倉に花開いた王朝美術の名品とともにご堪能ください。

関連施設

京都国立博物館-国宝 藤原道長金銅経筒 金峯神社蔵

iconjal

京都国立博物館

当館は、1897(明治30)年に帝国京都博物館として、宮廷建築家片山東熊による洋風平屋建ての設計で開館。寛弘4(1007)年、藤原道長が金峯山に参詣し、山頂に埋納した法華経などの経巻を入れた後一条天皇誕生のきっかけとなる最古の経筒など、特に平安から江戸時代の都の文化を示す文化財が多く紹介展示される。このように当館では、国宝や重要文化財を含む他施設の貴重な所蔵品も、安全に保管管理している。この受託業務も重要な役目のひとつである。

国宝 藤原道長金銅経筒 金峯神社蔵

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527

TEL:075-531-7716

Tags : 鎌倉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です