Home イベント情報 『Surface and Custom』展(10/18〜12/22)

『Surface and Custom』展(10/18〜12/22)

資生堂ギャラリーは100周年を記念し、ベルリンを拠点に活動するアーティスト・デュオのジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダを招き、彼らのセレクションによる展覧会を開催いたします。本展は「Moulting」で扱われるテーマをもとに、サーラ・ドウラート、ピエール・ルギヨン、クララ・リーデン、カリッサ・ロドリゲス、竹岡雄二による作品で構成します。西欧文化を取り込み日本の美と融合させることで独自性を築いた資生堂のビジュアル・イメージの変遷と、歴史や既成概念を問い直しながら自身の作品へと昇華させていく現代美術の作家たちによる展覧会を是非お楽しみください。

関連施設

資生堂ギャラリー

iconjal

資生堂ギャラリー

江戸期銀座7丁目付近は能の三座が置かれ、槍や鍋の職人が住む。明治5(1872)年の銀座大火の後に煉瓦街建設が始まる。新たな銀座に集った装飾、舶来品、飲食そして洋風の調剤薬局。共通項は「モダンで本モノ」。調剤薬局はやがて銀座の顔となり東京銀座資生堂ビルへと進化を遂げる。当ギャラリーはその気性を受け継ぐ。

椿会展2009 Trans-Figurative Photo by Tadasu Yamamoto

〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階

TEL:03-3572-3901

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です