Home イベント情報 『戦国武将 島津義弘の武と雅〜考古史料にみるかごしまの戦国時代〜』展(11/23〜3/8)

『戦国武将 島津義弘の武と雅〜考古史料にみるかごしまの戦国時代〜』展(11/23〜3/8)

2019年は、島津義弘没後400年にあたります。義弘は数々の戦いで知られる猛将である一方、千利休直伝の茶の湯を嗜む茶人としても知られ、文武両道に秀でていたと言われています。今回の企画展では、義弘の武将としての一面や、文化人としての一面、領国の産業振興に尽くした領主としての一面などを考古資料を中心に紹介します。また、島津氏による三洲統一までのかごしま戦乱の時代を知覧城跡や、志布志城跡、虎居城跡などの発掘調査成果から巡ります。

関連施設

鹿児島県上野原縄文の森

iconjal

鹿児島県上野原縄文の森

当遺跡は,青森県三内丸山遺跡を遥かにさかのぼる縄文集落。36haに及ぶ広大な園内には 7500年前に儀式を行った場や, 3500年前の狩り場などが分布し,定住の変遷が見て取れる縄文時代から中世までの複合遺跡である。国指定史跡内の遺跡保存館では, 9500年前の竪穴住居跡や集石・土坑など発掘されたままの状態で見学できる。

9500年前の縄文人

〒899-4318 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森1-1

TEL:0995-48-5701

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です