Home イベント情報 『小原古邨と明治の花鳥画』展(4/25〜6/21)

『小原古邨と明治の花鳥画』展(4/25〜6/21)

小原古邨(1877〜1945)は、四季を彩る花々と愛らしい鳥を描いた花鳥版画によって、20世紀初頭の欧米で高く評価されました。本展では、古邨と同時代の日本画家が描いた花鳥画をあわせて紹介します。

関連施設

山口県立萩美術館・浦上記念館

iconjal

山口県立萩美術館・浦上記念館

当館は400年の歴史を持つ萩焼や関連陶芸作品を紹介し、萩市出身の浦上氏寄贈の浮世絵版画と東洋陶磁器を所蔵の中核とする。当品の黒象嵌の立菊文は非常に繊細で、太い白象嵌で上に木葉状文様、下に雷文帯が巡る。肩が張り腰をすぼめた瓶子型、広い口が付き肩に小さい四耳を持つ。12世紀、高麗朝鮮の緻密で華麗な象嵌青磁。

青磁象嵌菊花文四耳壷

〒758-0074 山口県萩市平安古586-1

TEL:0838-24-2400

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です