Home 文化施設 いのりの美 中国・四国 岡山 瀬戸内市 弘法寺 木造阿弥陀如来立像(附像内納入文書)

瀬戸内市 弘法寺 木造阿弥陀如来立像(附像内納入文書)

iconjal

玉藻公園史跡高松城跡

当寺の常行堂の本尊、木造阿弥陀如来立像。当像は桧材の寄木造、漆箔、玉眼篏入、来迎印を結び、衲衣を通肩に着した立像。足裏のホゾに「巧匠 法眼快慶建暦元年三月廾八日」の墨書で、建暦元(1211)年に大仏師快慶の制作と判明した。像胎内から、快慶が制作に至った経緯を伝える多くの納入文書が発見された。阿弥陀仏の立像は、世界で初めて快慶からはじまる。

南蛮造

〒701-4304  岡山県瀬戸内市牛窓町千手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です