Home 文化施設 現代の美 中国・四国 山口 美祢市立秋吉台科学博物館

美祢市立秋吉台科学博物館

iconjalgotokyo_online

美祢市立秋吉台科学博物館

3億5千万年前、赤道付近の古い太平洋上に海底火山が生まれ、海面近くにサンゴ礁ができる。この海山・サンゴ礁群はプレート運動で北上し、ユーラシア大陸に着き、石灰岩層となる。そして秋吉造山運動といわれる地殻変動で、この地層が山脈の一部として露出。石灰岩台地、秋吉台の誕生。当館はその悠久の旅をわかりやすく紹介。

美祢市立秋吉台科学博物館

〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉1237-938

TEL:0837-62-0640

東博百選

蓬莱山蒔絵袈裟箱(ケサバコ)法隆寺献納宝物(ケンノウホウモツ)
平安時代 12世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

袈裟などの衣類を運ぶ箱。仙人が金・銀の宮殿に住むと、古代中国で言われた東の海に現れる島、蓬莱山を長寿の亀や鶴と描く。 蓋(フタ)のような形のため、別の箱の身と組み合わされた。 しかし側面の松喰鶴(マツクイヅル)の向きから、もともとは単独で、衣服を入れる広蓋(ヒロブタ)や髪道具など一時入れる乱箱(ミダレバコ)のように衣類等を整理・運ぶためのものと推定される。 金粉を蒔いた後に、絵を研ぎ出す技法、研出蒔絵を、疎と密に使い分け、表現する幻想性。平安時代後期の蒔絵の名品。

菩薩半跏像

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です