Home 文化施設 現代の美 中部・北陸 長野 野尻湖ナウマンゾウ博物館

野尻湖ナウマンゾウ博物館

iconjalgotokyo_online

三原市歴史民俗資料館

40,000年前の文化遺物、骨器! —野尻湖畔にある当館には、野尻湖から出土した氷河期の7万9,000点の遺物のうち1,000点が展示される。 40頭のナウマンゾウの歯の化石が発掘。40,000年前の旧石器時代に野尻人が作った骨製クリーバー(ナタ状骨器)や骨製スクレイパー(皮はぎに使われたと考えられる骨器)に出会える。 1962年に始まった野尻湖発掘で出土した約85,000点の資料はすべて当館にあり、そのうちの重要な化石や遺物、約1,000点を展示する。

のぞきからくり

〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5

TEL:026-258-2090

東博百選

聖護院の庭 浅井忠
明治37(1904)年 東京国立博物館蔵 高野時次氏寄贈

iconjalgotokyo_online

聖護院の庭 浅井忠

佐倉藩藩士の子供で花鳥画を学んだ浅井。文明開化で、パリ万博の監査官として留学したフランスから帰国後、京都に移住。明治36(1903)年、京都の自宅に聖護院洋画研究所を開き指導に当たる。 その自宅近くの聖護院から描いた水彩画の日本の風景の作品。 パリの南63km、水辺のグレー村を訪ね光の描写を研究した浅井は、留学前の作品に比べ、光の整え方は格段に丁寧になる。

聖護院の庭 浅井忠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です