法隆寺 夢殿

iconjalgotokyo_online

法隆寺 金堂壁画

「尊ぶべき調和」—世界遺産登録の当寺院は、世界で最も古い木造建築の1つ。夢殿は、聖徳太子邸の敷地に建てられた。聖徳太子は、604年の十七条憲法の第一条で「和を以って貴しとなす」と示す。夢殿は、聖徳太子の精神を崇拝する。調和を尊ぶのは、聖徳太子が、諸国大衆の生業が聖者の功業に勝ることを知り、持続可能社会への扉を開く意思があったから。

法隆寺 金堂壁画

〒636-0116 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

TEL:0745-75-2555

東博百選

皇居 外苑
GO TOKYO ONLINE ロケ地

iconjalgotokyo_online

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

江戸の中心は、皇居東御苑。東京の中心は、江戸城西の丸。 江戸幕府の本拠地、江戸城は戦火を避け、明治維新後、皇居となり、大名屋敷跡は官庁街に。江戸時代には江戸城の一部であり、庭園と馬場だった、皇居外苑は国立庭園で、日本を代表する公園。 人気のクロマツがちりばめられた大きな芝生。江戸城の外堀や城門。近世と近代が、風景で調和する。

山野行楽図屏風 与謝蕪村筆

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

畿内七道

三の丸尚蔵館

iconjalgotokyo_online

三の丸尚蔵館

当館には、皇室から受け継がれた約9,800点の芸術作品と香淳皇后(1903-2000)の遺物、および皇室からの寄贈品が収められる。 当作品は、毛利元徳謙譲の六曲一双の屏風。右隻は、孫の狩野探幽(1602-1674)が認めた桃山画壇の巨匠、狩野永徳(1543-1590)の筆。岩間を闊歩する獅子の姿は非常に力強い。シンプルな図様でありながら勇壮。まさに永徳自身のスタイル。

唐獅子図屏風(右隻)

〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1

TEL:03-3213-1111

千夜千冊

本朝画人傳

本朝画人傳全5巻に計47人の画人が登場。1人あたり40~70頁ずつほどの丹念な案内を、刹那の文章写真のように走ることになる。尾形光琳(1658生)。雁金屋は染め縫いが商いだから、きっと光琳はああいう絵になり、茶事を存分に嗜んでああいう省略が得意になった。

文責:旅鶴編集室

千夜千冊

村松梢風
中央公論社(中公新書)

amazonで買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です