京都 妙覚寺

iconjalgotokyo_online

妙覚寺

京都日蓮諸宗寺院で古い由緒を誇る大本山・妙覚寺。同寺の本像は聖人像典型の姿で、像内の銘文から作者は法印院興。院興は14世紀前半に活躍した仏師で、神奈川・覚園寺の阿しゅく如来像などにも名を残す。本像の製作時期は妙覚寺創建を遡り、日蓮諸宗が京都において公認されたときに、その記念碑的像として製作と推定。

妙覚寺

〒602-0007 京都市上京区上御霊前通小川東入下清蔵口町135

TEL:075-343-0548(京都総合観光案内所)

東博百選

法華経方便品(ホウベンボン)竹生島経(チクブシマキョウ)
  平安時代 11世紀 東京国立博物館蔵

iconjalgotokyo_online

菩薩半跏像 法隆寺献納宝物

滋賀・琵琶湖に浮かぶ竹生島に伝わった装飾したお経の巻物、 装飾経(ソウショクキョウ)。 寿命が長い和紙・トリノコガミに、ニワカに溶かした金銀で、草や花、蝶や霊鳥、柔らい書体のお経。生きて極楽浄土を迎えたい平安貴族、願いの名品。 この方便品のほか、同じ巻第6から分断された竹生島の宝厳寺蔵の序品の存在が確認されている。

菩薩半跏像

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

TEL:03-3821-9270(総務課)

Tags : 京都府

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です